img-1

生命保険の必要保障額について

生命保険に加入するときは、どれくらいの保障が必要なのかを考えなければいけません。



もちろん保障は多いほうが良いのは当たり前のことですが、保障額が大きいほど保険料は高くなります。



そのため、万一のことがあったときにどれくらいの保障が必要なのか、必要保障額を考えてみましょう。



独身であればそれほど大きな保障は必要ありません。
葬儀にかかる費用を残すくらいであれば、200万〜300万程度の保障で十分です。
しかし、結婚、子供の誕生と家族が増えると万一のことがあったときに家族が十分に生活をしていけるくらいの保障額を準備しておかなければいけません。



必要保障額を考えるときは、まず残された家族が年間どれくらいの金額があれば生活ができるのかということを考えてみましょう。


万一のときには遺族年金など入ってくるものもあります。

そして、共働きの場合は妻の収入も計算しておきましょう。



収入になる分を差し引いて子供が成長するにまでに十分な費用や妻が老後まで困らずに生活ができる費用を考えるとどれくらいの保障が必要なのかが見えてきます。


十分な額の貯蓄や資産がある場合はそれほど大きな保障は必要ありません。
また、必要保障額は、ライフステージに合わせて変化していきます。



生命保険は加入をしたらそれで終わりではありません。ライフステージに合わせて見直しをしていくということも大事なことなのです。



だいたいの必要保障額が算出できたら、無理なく支払ができる保険料なのかということもよく考えて生命保険に加入しましょう。



関連リンク

img-2

医療保険への加入は慎重に

民間の医療保険が各社から販売されています。この医療保険には様々なタイプがあり一定の節税効果があると見込まれるところです。...

more
img-3

病気でも加入できる生命保険

生命保険は、病気やけがで万一のことがあったときに保障を受けるとることを目的に加入するものです。そのため、加入をするときは、健康状態の告知を行なったり、診査を受けなければいけません。...

more