img-1

医療保険への加入は慎重に

民間の医療保険が各社から販売されています。



この医療保険には様々なタイプがあり一定の節税効果があると見込まれるところです。



そのため、多くの人が加入をしていました。



ところが、ある時この医療保険の保険金不払いの事案が発覚します。
それ以降、各社とも説明をしっかりと行う等体制の整備を行うに至っています。ただし、この民間の医療保険について、そもそも加入をする必要性があるのかどうか、よく確認を行っていないケースが目立つとされています。



公的なものだけでも十分ではないかということです。

もし、高額な医療費が発生したとしても、実際のところはその多くが公的なものでカバーが出来る仕組みになっています。すなわち国保と社保とです。



いずれの公的なものでも高額療養費制度があり、一定額までで医療費が収まるように制度設計がなされています。



つまり、民間のものに加入するだけのメリットがあるかどうか、不透明なものが大きすぎます。



高額療養費制度では月額の上限が決められており、その上限までの痰で済むようになっています。



毎月高額な費用を支払うよりは、その分貯蓄をしておいて万が一に備えるとともに、高額療養費制度についても熟知してその活用を考えた方が、家計には優しいのではないかということです。


若い世代特に独身者の場合には、高額療養費制度の活用だけで十分であるという話がよく聞こえてくるところで、気になる人はファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談してみることも重要でしょう。

関連リンク

img-2

医療保険への加入は慎重に

民間の医療保険が各社から販売されています。この医療保険には様々なタイプがあり一定の節税効果があると見込まれるところです。...

more
img-3

生命保険の必要保障額について

生命保険に加入するときは、どれくらいの保障が必要なのかを考えなければいけません。もちろん保障は多いほうが良いのは当たり前のことですが、保障額が大きいほど保険料は高くなります。...

more