img-1

病気でも加入できる生命保険

生命保険は、病気やけがで万一のことがあったときに保障を受けるとることを目的に加入するものです。



そのため、加入をするときは、健康状態の告知を行なったり、診査を受けなければいけません。
持病があり、投薬治療を受けていたり、通院をしているときは、加入できないことがほとんどです。


しかし、最近は持病があったり、健康状態に問題があっても加入できる生命保険が出ています。



保険会社が定めたいくつかの告知項目に該当しなければ健康状態に問題があっても加入できる保険があります。このような保険は、限定告知型保険、引受基準緩和型保険と呼ばれています。



保険加入を断れた場合でもこのタイプの保険であれば加入できる可能性があります。

限定告知型保険や引受基準緩和型保険は、簡単な告知で加入できますが、保険料はやや高めに設定され、保険金や給付金の上限が低いことが多いので注意が必要です。



持病があり、保険加入が難しい方は、無選択型保険であれば加入することができます。
この生命保険は、告知の必要がない保険です。



健康状態は関係なく誰でも加入することができる保険なので、持病がある方でも加入することができます。しかし、この保険は、保険料がかなり高くなることが多く、払込額は保険金を上回ることもあります。



また、既往症の悪化による入院や死亡のときは保険金がおりない場合もあるので、加入してもあまり意味がない場合があります。



どのようなときに保障があるのかということを事前によく確認して加入を検討しましょう。



関連リンク

img-2

医療保険への加入は慎重に

民間の医療保険が各社から販売されています。この医療保険には様々なタイプがあり一定の節税効果があると見込まれるところです。...

more
img-3

病気でも加入できる生命保険

生命保険は、病気やけがで万一のことがあったときに保障を受けるとることを目的に加入するものです。そのため、加入をするときは、健康状態の告知を行なったり、診査を受けなければいけません。...

more